交際クラブ・デートクラブ交際クラブのお役立ちコラム

> 
> 
> 
おすすめのナイトワーク一覧!お仕事内容とお給料の目安も解説!

おすすめのナイトワーク一覧!お仕事内容とお給料の目安も解説!

ナイトワークの女性イメージ

女性が「収入の高いお仕事をしたい」と考えたときには、夜のお仕事が頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

ナイトワークには代表的なキャバクラやガールズバー以外にもいくつか種類がありますよね。しかし「どんな違いがあるのかわからない」方も多いはず。

そこで、今回はナイトワークの種類やお給料事情について解説していきます。
また、副業にもぴったりな交際クラブでの活動もご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

Contents

おすすめのナイトワークを5つピックアップ!

ホステス

さっそく、高収入を得られるナイトワークをチェックしていきましょう。

それぞれのお仕事の特徴と収入の目安もまとめています。

キャバクラ

ナイトワークのなかでもポピュラーなキャバクラの特徴は、男性と同じテーブルで1対1の接客をすることです。

お酒を作ったり、男性とのお話相手になるのがメインのお仕事なので簡単に思われがちですが、稼ぐためには常連の男性に指名し続けてもらわなければなりません。そのため、仕事がない日も営業メールでアプローチしたりとこまめなコミュニケーションが必要と言えるでしょう。

お給料は時給制で支払われるケースが多く、時給2,000円~3,000円程度が相場ですが、地域や売り上げによっても大きく異なります。嬢としてのレベルや前月の売上・指名数によってこの時給は変動していきます。

キャバクラを選ぶときは、インセンティブの有無、罰則・罰金、貸衣装・ヘアセット代などは面接時に必ずチェックしておきましょう。

いくら時給が高くても罰則・罰金の数が多く基準が厳しすぎる等あれば、結局あまり稼げないということもあります。

ガールズバー

ガールズバー スナック スタンド ラウンジ キャストイメージ

ガールズバーはわかりやすくお伝えするなら、バーテンダーが女性メインのバーです。つまり、男性と楽しくおしゃべりながらお酒を作るのがお仕事。

雰囲気はキャバクラよりもカジュアルで、スタッフの年齢層も若い方が多い特徴があります。カウンター越しの接客なので、男性との距離が近すぎずセクハラなどは起こりにくいでしょう。

ただし、立ち仕事である点はデメリットのひとつ。また、お客様がいないときには店先などで長時間男性客の勧誘をすることもあります。

 

時給は1,200円~2,000円とナイトワーク業界のなかでは低め。これにお客様から頂いたお酒の料金のうち何%かをインセンティブとしてもらうことができます。

クラブ

クラブの特徴は一人の男性に対して複数の女性がついて接客することが多い点です。

会社の社長や経営者など社会的地位の高いお客様が多いため、ルックスの良さ以外に教養やマナーを理解しているかどうかが採用のポイントに!

銀座の高級クラブにもなれば嬢はかなりのハイスペック。政治から国際情勢、株、ビジネスの話を一流の社長と普通に話す場面も多くみられます。

 

お給料は日給制を取り入れているところも多く、1日2~3万円の収入が目安です。高級クラブになればその倍以上の金額を貰えることも。

ただし収入の高さが魅力的な一方、ドレスや和服代、ヘアセットなど出費も大きいと考えておきましょう。

ホステス

ラウンジ

ラウンジは広々とした空間にソファやボックス席が並んでいる店内が特徴。

ラウンジもクラブと同様、1対1よりも複数人の女性がつくパターンが多いです。仕事内容はキャバクラと似ていますが、ラウンジのコンセプトによってお仕事の量が異なるので、面接時に必ず確認してください。キャバクラよりも落ち着いた雰囲気のなかで接客したい女性におすすめ。

お給料は時給制で相場は2,000円~5,000円前後です。

スナック

スナックはアットホームなムードが特徴的。スナックの場合は特に「ママ」と呼ばれる店主がお店の雰囲気作りに大きく影響しています。そのため、ママと気が合うかどうかが快適に働けるかどうかのカギと言えるでしょう。

お仕事内容はスナックの規模によっても異なりますが、お酒作りのほか、軽食を作ったり、料理を運んだりと、キャバクラに比べて業務の幅は広いケースがほとんどです。

時給は1,500円~2,000円程度とガールズバーよりも少し高い価格帯です。

おすすめナイトワークとの相性を見極める方法とは?

ナイトワークの女性イメージ

ナイトワークは収入面ではとても魅力的なお仕事ですが、向き不向きがあるのも事実。

そこで、お店との相性を見極めるポイントをふたつご紹介します。

まずは体験入店をしてみる

ナイトワークでは体験入店制度が用意されているパターンがほとんどです。

実際に働いてみて「続けられそうかどうか」を判断できるので、ナイトワークが初めての方も安心して試すことができます。体験入店では業務内容だけでなく「ママやスタッフが良い人か」「お客さんの質はどうか」「繁盛しているか」などを確認しておきましょう。

スタッフ同士がぎすぎすしていたり、清掃が行き届いていないお店は避けた方がベターです。

面接時にはコレをチェックしておこう

体験入店をして「楽しかった!」場合も、勢いで契約してはいけません。きちんと契約内容を確認しましょう。

具体的には「時給」「罰金の有無」「ノルマの有無」「出費の目安」などです。いくら周りが良い人でも、ルールが厳しすぎると途中で勤務が嫌になってしまう可能性があります。

とくに、給料の振込日や罰金などお金に関することは必ずチェックしておいてくださいね。

【高収入】おすすめバイトはナイトワークだけじゃない!

smiling man in formal wear pouring champagne to woman in dress and mask on black

実は、ナイトワーク以外にも高収入なお仕事は存在しています。

たとえば、近年話題のパパ活もおこなえる「交際クラブ」はリッチな男性と出会える可能性も高く、1対1でのお話が好きな方にぴったり!

さっそく、交際クラブのお仕事内容と、どのくらいのお金がもらえるのか解説していきます。

今話題の交際クラブとは?

交際クラブは男女の出会いをサポートするサービスを提供しています。

男女ともに登録時に面接があり、身元をしっかり確認されるため安全性が高い点も魅力のひとつ。

 

女性はデートのたびに「お手当」と呼ばれるお金を男性から受け取ります

このお手当はルックスやデート内容、男性の懐事情によって額が異なるのが特徴。たとえば、体の関係があるかないかでお手当の金額には大きな差が生まれます。

 

シフト制ではなく男性とスケジュールを合わせてデートをするため、柔軟に働ける副業としても人気があります。

交際クラブに登録するメリットとデメリット

交際クラブに登録するメリットは、安全にリッチな男性と出会いやすく、信頼性を高めることで持続的な収入につながる点です。

複数人の女性と一緒に働く必要もないため、人間関係で悩む心配もなし!自分の好きなペースでデートを楽しみながら働けることも魅力と言えるでしょう。

 

一方、デメリットは、女性のスペックによってデートのオファーがない可能性があることです。

交際クラブでは、男性側が数いる女性のなかからデート相手を選びます。そのため、極端な話、登録をしてもまったく稼働できない状況に陥る女性もいらっしゃいます。

交際クラブはナイトワークをしている人の副業にもおすすめ

交際クラブで必要なスキルはナイトワークとも共通します。たとえば「笑顔で相手の話を聞く」「さりげなく気遣う」「失礼のないように心がける」などです。

つまり、ナイトワークで身に着けたスキルを存分に活かすことで、男性から気に入られやすいキャラを作ることが可能!

実際のところ、ナイトワークの傍ら交際クラブで稼働している女性もたくさんいらっしゃいます。もし、ナイトワークをはじめるのであれば、同時に交際クラブへの登録も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ナイトワークにはキャバクラ以外にクラブやラウンジなどいくつか種類があります。

それぞれに特徴があるので、相性の良さを見極めるためにもいきなり契約するのではなく、まずは体験入店をしてみて雰囲気や待遇を確認しましょう。

また、ナイトワークにこだわらないのであれば、お金持ちの男性と出会える交際クラブへの登録もおすすめです。

交際クラブでは自分のペースで活動できるので、副業としてもイチオシですよ。

 

関連記事