セックス交際クラブのお役立ちコラム恋愛

> 
> 
> 
ワンナイトラブにもルールがある!一夜の関係をスマートに楽しむ秘訣

ワンナイトラブにもルールがある!一夜の関係をスマートに楽しむ秘訣

Escort, paid sex or prostitution. Sexy woman and man silhouette in bedroom. Rape or sexual harassment concept. Girl passed out on bed with high heels in party. Sugar daddy or customer with prostitute.

一夜限りの男女の関係であるワンナイトラブ。

割り切った一度だけの関係性だけに、ルールなんて一切ないと考えている方は、今すぐ考えを改めなければなりません。

 

ワンナイトラブにも任意ではありますが守るべき暗黙のルールが存在するのです。今回は、ワンナイトラブのルールやどんな女性がワンナイトラブしやすいか、詳しく紹介していきます。

サクっときれいに遊びたいあなたの参考になれば幸いです。

Contents

ワンナイトラブにもルールはある

ワンナイトラブとは、ご存知の通り「一夜限りの男女関係」のこと。

今やナンパ、クラブ、マッチングアプリ、SNSなど、ワンナイトラブにつながる出会いはたくさん転がっていますよね。どんな流れであれ、合意を得てホテルに入ってしまえばワンナイトラブは確定です。

ワンナイトラブは軽いノリのセックスのため、一見ルールなんてないフリーな楽しみ方だと思っている方もいるようですが、実はそうではありません。

ワンナイトラブは、一夜限りの関係だからこそお互いに嫌な思い出にしないために守るべきことがあるのです。

ワンナイトラブの4つのルールを守って楽しい思い出にしよう

table background and lovers in bed

ワンナイトラブのルールは大きく分けると4つ。

もちろん明確なルールが定められているわけではありませんし任意ではありますが、守ったほうがお互いにとって確実に後味の良い楽しい記憶が残るでしょう。

ワンナイトラブをする際はぜひ下記を頭に入れて、楽しいものにしましょう。

絶対的に接点のない相手・うっかり会うことの無い相手を選ぶ

ワンナイトラブは、確実に日常生活で接点のない相手を選ぶのがよいでしょう。

家が近所で偶然会ってしまう可能性があるのもNGですし、共通の友人がいるなんて言語道断です。そう、ワンナイトラブは完全なる他人を相手として選ぶ必要があるのです。

ワンナイトラブがあってから後日偶然顔を合わせてしまったり、なにかがきっかけで噂が立ってしまったりするような事態は極力避けたいですよね。

ホテルに行くまでの時間で、家や職場が近くないか、地元がかぶっていないか、共通の知人がいないか…という点は会話の中でさぐっておくようにしましょう。

個人情報は必要以上に教え合わない

ワンナイトラブに詳しい個人情報は必要ありません。詳しい個人情報を教えてしまうと、もし何かあった時に非常に面倒です。

ワンナイトラブした相手に本気になられてストーカーまがいの行為をされた人など、周りをみれば案外いらっしゃるのが現実。

相手に何の情報も与えていなければ一夜の関係で終わり事態が悪化することはありませんが、最寄り駅や本名など聞かれるままに教えてしまっていたがために非常に面倒な事態になってしまっているのです。

自分のことはもちろん、相手の個人情報も聞きださず終始浅い関係に徹することが大切です。できれば連絡先も教えないのがいいでしょう。

演技でも情が生まれてしまうことはしない

ワンナイトラブは、なるべく情が生まれるようなことをしないのがBEST。あくまでも一夜限りの関係を楽しむのがワンナイトラブです。

情が湧いてしまっては、解散するのが寂しくなったり後日相手のことが気になってしまったりして、サクっと関係を終わらせることが難しくなります。

愛の言葉をささやいたり、ワンナイトラブ以上の関係を匂わせたりするようなことはNGです。

上手に遊び、上手に解散

ワンナイトラブは一言で言えば遊び。サクっと遊んでお互いの欲求を満足させたらサクっと解散、これが理想です。

軽い感覚で仲良くなって、スッキリしたらそのまま「楽しかったね」とあっさり解散してください。

「ごめんね」「悪いことをしたね」などの台詞は女性の後味を悪くさせるため厳禁!

ワンナイトラブについて後悔させるようなことは絶対に言わないのが鉄則です。

ワンナイトラブのルールを守って遊ぼう!遊べる確率が高い女性の特徴とは

Frustrated man waking up to stranger woman in his bed

ワンナイトラブはルールさえ守れば、自分も相手も嫌な思いをすることなく欲求を発散できるのでオススメです。

しかしどんな女性でもワンナイトラブの対象になるかと言えばそうではなく遊べる確率の高い女性を狙っていく必要があります。

狙いやすい女性の特徴をまとめますので、お相手を選ぶ際には参考にしてくださいね。

失恋したばかりの女性や恋愛体質の女性はねらい目

失恋したばかりで傷心気味の女性、そして恋愛体質の恋多き女性はワンナイトラブの相手としてはねらい目。失恋したての女性は心に穴が開いている状態であり、一晩でもいいから気持ちを埋めてくれる相手を求めています。

また、恋愛体質の女性は基本的にそこまでガードが固くありません。少しでも「いいな」と思わせれば簡単にワンナイトラブまで持ち込むことができますよ。

失恋女性は分かりやすく失恋の話をするので見分けやすいですし、恋愛体質の女性は「彼氏欲しい」「彼氏がいないとつまらない」といった雰囲気や話題をがっつり盛り込んできますから、非常にわかりやすいです。

主にマッチングアプリや街コンに生息するタイプです。

下ネタが好きで露出の多い服装の女性は高確率で遊べる

初対面でも下ネタを豊富に盛り込んでくる女性は、そもそもセックス自体にそこまで抵抗が無い場合が多いです。重ねて、服装が露出度の高いものであればさらに可能性は高まります。

積極的に相手から誘ってくるパターンも少なからずあるので、しっかりとアンテナを張ってこういった女性を逃さないようにしましょう。

主にクラブなどのにぎやかな場によく出現するタイプです。

寂しがりで構われたいタイプの女性を誘うのは簡単

自らオーラを振りまいてくる失恋ほやほやの女性や下ネタ大好きな女性とはちょっと異なるタイプが、こちらの寂しがりタイプの女性です。特に何か理由があるわけでもなく、メンタル的に誰かと常に一緒にいることを求めています。

自分からガツガツ来ることのない女性の中にも紛れているので、意外と見落としがちです。寂しがりで構ってちゃんの女性は一度アプローチすれば簡単にワンナイトラブできる可能性が高いですよ。

ただし、「私なんか」などちょっと消極的な発言が目立つ場合は要注意。このタイプの中には俗に言うメンヘラが隠れていることも多いため気を付けてください。

上手にサクっとワンナイトする分には問題ありませんが、ちょっとでも情の湧くようなことをしたり恋人じみた扱いをしたりしてしまうと、あっという間に勘違いされてしまうリスクがあります。

一度メンヘラタイプと関わってしまうと非常に面倒なことになりかねないので、寂しがりで構われたいタイプの女性を狙うならワンナイトに慣れてからのほうが良いでしょう。

まとめ

ワンナイトラブは一見節操のない遊びのように見えるかもしれませんが、守るべきルールはきちんと存在します。

一夜限りの関係を、自分も相手も嫌な思いをせず素敵な記憶として残せるよう、今回紹介したルールを守って楽しむようにしましょう。

あくまで「後腐れなくサクっと」が大切なポイントです!

関連記事