交際クラブのお役立ちコラム恋愛

> 
> 
> 
歳の差カップルの恋愛事情|年の差があるメリットと特有の悩みとは?

歳の差カップルの恋愛事情|年の差があるメリットと特有の悩みとは?

歳の差カップルの恋愛には「喧嘩にならない」や「ギャップにときめく」など、素敵なメリットがいくつもあります。しかし、価値観や体力の差がすれ違いや別れに直結しやすいというデメリットも…。今回は、歳の差カップルの魅力だけでなく長く恋愛関係を続けるためのコツもご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Contents

歳の差カップルの恋愛事情!魅力やメリットとは?

歳の差カップルの恋愛には、同世代カップルにはない魅力があります。

まずはどんなメリットがあるのかチェックしていきましょう。

あまり喧嘩にならない

歳の差カップルの魅力として、大きな喧嘩が起こりにくいことが挙げられます。

年上側の心に余裕があり一歩譲るパターンが多く、結果として言い合いにならないからだと言えるでしょう。また、年下側にとっても「自分を受け入れてくれる」と安心感につながるため、喧嘩の芽がより信頼感を深めてくれるなんてケースにも期待できます。周囲から見ていても、穏やかな雰囲気を纏った素敵なカップルに見えるでしょう。

お互いに知らない世界を知れる

歳の差があると「好きなアーティストや映画が異なる」なんてことは日常茶飯事です。

普段なら「自分の年齢には向いてなさそう」と先入観を抱きがちな世界のことを知れるため、視野がぐんと広がるメリットもあります。年代が離れているほど、見ている景色の違いも大きく、一緒にいるだけで刺激的な日々を送れるでしょう。

ギャップに惹かれる

歳の差のある相手と付き合っているとギャップにときめくシーンが多々あります。

たとえば「年下だと思っていたのに意外としっかりしている」「年上なのにおっちょこちょいなところがある」などです。同年代の人に対してはなんとも思わないことでも、歳の差があるだけでギャップになり、相手のことをより好きになるパターンもありますよ。

経済的に安心できる

男性側が年上の場合は、デートプランがちょっぴりリッチな可能性が高いです。とくに大学生と社会人の組み合わせであれば、年下側は「贅沢な経験ができて楽しい」と感じやすいでしょう。また、恋愛だけでなく結婚を視野に入れたときに大切なポイントは経済面です。

歳の差カップルは同世代同士に比べて二人のトータル年収が高くなりやすい点も魅力のひとつです。

欠点があっても許せる

とくに年下側に当てはまるのですが「苦手なことが多い」「ちょっとわがまま」などの欠点があったとしても、広い心で受け止めてもらいやすいメリットにも期待できます。もちろん、常識から外れたレベルになると愛想を尽かされてしまいますが、同世代のパートナーに比べると、さまざまなシーンで許してもらいやすいと言えるでしょう。

歳の差カップルの恋愛事情!よくあるお悩み3つをご紹介!

歳の差カップルにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

実際に年の離れたカップルが抱きやすいお悩みを3つピックアップしました。

1.ジェネレーションギャップがある

最初は楽しめていても、徐々にジェネレーションギャップが辛くなるデメリットもあります。たとえば「自分の好きな音楽の話題が伝わらない」「笑わせようとしたネタが通じない」などです。周囲の同世代カップルが共通の話題で盛り上がっている様子を目にすると、さらに悲しい気持ちになる可能性も…。歳の差カップルが別れる原因のひとつでもあるため、年の離れたパートナーがいる方は要注意です。

2.体力に差がある

歳の差があればあるほど、体力の差が際立ってしまう点もデメリットです。

例としては「一緒にディズニーランドに行ってもすぐに休憩したがる」や「夜遅くまで遊べない」など。アクティブな性格である人ほど物足りなく感じてしまうでしょう。また、夜に関して言えば、性欲の差やスタミナの違いからすれ違ってしまう可能性も否定できません。

3.年上側がつい偉そうになる

歳の差カップルは年上側が「年下だから」と思いすぎた結果、つい上から目線でアドバイスをしたり、偉そうな態度を取ってしまうことがあります。恋愛を長続きさせるうえでは対等な関係性がとても大切です。そのため、お互いを尊重できていなければ、早くに別れてしまう危険性があります。

歳の差カップルの恋愛事情!上手に長続きさせるコツとは?

歳の差カップルはお互いがコツさえ掴めば恋愛関係を長続きさせられます。

より信頼関係を深めるためにも、ぜひ取り入れてくださいね。

お互いの価値観を大切にする

年齢が違うと大切にしているモノやコトが異なるケースが多々あります。そんなときは少しでも相手の価値観に寄り添うようにしましょう。具体的には「相手の好きな音楽や本に触れてみる」や「とにかく語ってもらう」など。「自分にはよくわからないから」と年齢を言い訳にしてしまうと、溝が深まってしまうので要注意です。

共通の趣味を楽しむ

二人の共通の趣味が見つかると、一緒に過ごせる時間が増えて仲が深まりやすいと言えるでしょう。アウトドア派のカップルであれば、スポーツ観戦に行ったり、キャンプに挑戦したりできます。インドア派でも、映画を観たりボードゲームを楽しんだりと楽しめるジャンルはさまざま。まずは、相手の好きなことを知って自分との共通点を探す方法がおすすめです。

常に対等な関係を意識する

いくら歳の差があるカップルであっても人としては常に対等です。どちらかが傲慢な態度を取ったり、世話を焼き過ぎてしまうと、数年後に関係性が崩れてしまう可能性が高くなります。お付き合いだけであれば大きな問題としては浮かび上がらないかもしれませんが、結婚を視野に入れている場合は、必ず対等な関係性を心掛けておきましょう。

こまめに話し合う

話し合いはどんなカップルにとっても大切なことですが、歳の差がある場合はとくにこまめなコミュニケーションが重要です。「きっとわかってくれてる」という期待は捨てましょう。お互いにちょっとした不満を早めに伝えることが、結果的に長いお付き合いに繋がるため「まあいいか」と思わずに、積極的に話し合ってくださいね。

相手を束縛しすぎない

歳の差カップルは相手の人間関係が見えにくいこともあり、束縛しがちになるケースも…。「異性の連絡先を消そうとする」「携帯を勝手に覗く」など行き過ぎた束縛は相手の負担になってしまうので要注意。どうしても許せないことは感情的にならず、落ち着いて相手に伝えるようにしましょう。また、筋トレをするなどして自分に自信をつけることも大切です。

まとめ

歳の差カップルの恋愛にはメリットや魅力がたくさんあります。一方、ジェネレーションギャップなどのデメリットがあるのも事実…。しかし、お互いにポイントさえ抑えておけば長くラブラブな関係を続けられます。常に対等な関係を意識しつつ、まずは一緒に楽しめる趣味を見つけてみましょう。

最も安心なパパ活!交際クラブRN246 女性会員大募集中

\まずは匿名・偽名でお問い合わせOK!自分を磨きながらガッツリ稼ごう/
100%安心
関連記事