交際クラブのお役立ちコラム愛人・パパ活

> 
> 
> 
パパ活の顔合わせで抑えるべきポイントと注意点&当日の流れ

パパ活の顔合わせで抑えるべきポイントと注意点&当日の流れ

「初めてパパ活してみたけどどんな人が来るのかな〜、何したらいいかもよく分からないし緊張するな〜。」という方注目!

パパ活をこれから始めようとしている方は、分からないことだらけでいろいろと不安要素が重なってしまいますよね。

 

今回は、これからパパ活を始める方に、パパ活で顔合わせする際の抑えておきたいポイントや注意点、当日の流れについてご紹介いたします。

Contents

 

パパとの初めての顔合わせ:男女が知っておきたいポイントは?

パパ活で初めて顔合わせをする際に抑えておきたいポイントは5つあります。

 

  1. 今後の付き合いがあるかどうか
  2. お手当ての金額
  3. 会う頻度や連絡する頻度
  4. どこで会うのか
  5. デートの内容

パパ活は経済的支援を主な目的としているので今後の付き合いやお手当ての金額、会う頻度などは特にチェックする必要があります。

 

ただし、女性から具体的なお手当の金額を提示してしまうと、男性は嫌な気持ちになってしまうかも。

男性からの提案に乗る、もしくは「気持ちもう少し上げてくれないかな?」などの言い方をしましょう。

 

顔合わせの目的は相手を見極めること

パパ活において顔合わせするというのは「相手を信頼できそうか?」など今後の関わりを見極めるためにあります。

「やり逃げ」や「詐欺被害」などに会う可能性もあるので、顔合わせではこういった部分を見極めましょう。

 

身だしなみは「次に会えるか」の判断基準

次も会いたいなと思わせる為には身だしなみが非常に重要。

プロフィール写真のイメージを崩さないようにするのが良いでしょう。

 

プロフィールを見て男性はこの子と会ってみたいと思ったのですから、

プロフィールの雰囲気に近いほうが今後続いていく可能性も大きくなります。

 

実際に顔合わせでプロフィールとのイメージが違いすぎると次に繋がる可能性がグッと低くなります。

当日に他の予定を詰め込み過ぎない

パパ活の予定時間もハッキリしたし、パパ活する前に友達と遊ぶ約束でもしよう!と、当日に他の予定を詰め込むのはNG。

 

会社と同じように、遅刻はその時点で信用が無くなってしまい、次に会ってもらえる可能性は無いと思った方がいいです

 

人として当たり前のことを積み重ねることで信頼が生まれます。

また、パパ活の後に予定を入れてしまってその予定が気になってソワソワするといったことも失礼にあたるのでNGです。

 

男性側は女性へ渡す交通費を用意しておく

パパ活において、男性側はデートにかかった費用全般を負担するのが一般的です。

 

女性のデート場所までの往復分の交通費も必ず用意しておきましょう。

金額はだいたい「5千円~1万円」ほどです

 

しかし、5千円用意して足りなかったというのはカッコ悪いですし、金額が大きいに越したことはないないので、1万円ぐらいはサッと渡せるように用意しておきましょう。

付き合い方の条件や希望を伝え合う

パパ活で顔合わせをする1番重要な目的は今後の付き合い方の条件や希望を伝え合うこと。

経済的支援を主な理由としているパパ活では、お手当ての内容が非常に大事。

 

ただし、お手当てが欲しいあまりにがめつくなってしまうと、次にパパ側に会ってもらえないということにも繋がりかねません。

女性から具体的なお手当の金額を提示してしまうと、男性は嫌な気持ちになってしまうかも…。

 

金額を決める際は、男性からの提案に乗る、もしくは「気持ちもう少し上げてくれないかな?」などの言い方をしましょう。

 

パパ活の顔合わせ:トラブルを回避するための注意点は?

パパ活は、デートやお食事をするだけで経済的支援を受けられるのが魅力的。

しかし、その反面パパ活ならではのトラブルも存在します。

 

後で知らずに後悔したり、何か被害に巻き込まれてしまう前にパパ活をする上での注意点をしっかり抑えてトラブルを未然に防ぎましょう。

顔合わせは2人きりの密室を避ける

顔合わせをする際は、人通りの多い場所で行うようにしましょう。

 

2人きりの密室など、人目の付きにくい場所を指定された場合はトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

また長時間の拘束なども危険です。

 

男女共にトラブルを防止するためにもパパ側に場所を変更してもらうようにしましょう。

 

プライベートな会話をしすぎない

ついつい話が盛り上がってしまったり、パパ側にサラッと聞き出されたりして個人情報などのプライベートの会話をしてしまうのもトラブルに巻き込まれやすいです。

特に学校や会社など自分が所属している団体については言わないようにしておいたほうが無難です。

 

そこから個人情報を悪用したりと最悪なトラブルに巻き込まれないように、ある程度関係性が出来上がるまでは最初のうちはあまりプライベートな話はしない方がいいです。

 

貴重品は肌身離さないようにする

貴重品もしっかりと自分の目の届くところや肌身離さず持ち歩くようにしておきましょう。

最初からそういった悪い目的でパパ活女子を狙う人もいるので、注意が必要です。

 

パパ活の顔合わせ:待ち合わせ~交際までの流れは?

 

ここまで、パパ活での顔合わせの目的や起こりうるトラブルの対処法までご紹介いたしました。

最後にパパ活をするにあたり、実際に待ち合わせをしてから交際までの流れはどういったものなのでしょうか?

デートの待ち合わせをする女性

1.交際クラブなどで相手とマッチング◎

パパ活で相手を探す際は「交際クラブ」で探しましょう。

パパ活サイトや掲示板でも探すことはできますが、パパの質は保証できません。

 

その点厳しい入会審査をくぐり抜けた質の高いハイクラスな男性が多く、パパ活にをする上では最適です。

まずは交際クラブに登録してパパとマッチングをしましょう。

 

2.顔合わせの場所や日時を決める

マッチングをした後は、顔合わせの場所や日時をお互いで決めましょう。

交際クラブを利用してのマッチングであれば、初回の場合のみ交際クラブのスタッフが間に入ってやりとりをします。

 

場所はホテルのロビーやラウンジが定番。

そこが少し緊張する場合はカフェなどもいいでしょう。

3.待ち合わせ場所で合流

そして、いよいよ場所や日時が決まれば待ち合わせ場所で合流です。

第1印象は初めて顔合わせした際の服装の雰囲気や身だしなみなどで決まるので、しっかりと整えましょう。

 

4.会話をしつつ相手を見極める

待ち合わせ後、お食事やデートなどで会話しつつ相手がどういう人なのか?というのをしっかりと見極めましょう。

また、この段階で今後の付き合い方やお手当ての希望なども話し合います。

 

5.気が合えばパパ活スタート

その後、お互いの雰囲気も良く今後の付き合い方やお手当ての希望などもお互い一致したらパパ活がスタートします。

2回目以降も会う場合は交際クラブを介さずお互いで日時や場所のやりとりをします。

 

まとめ

今回はパパ活をする上での注意点やトラブルのついて、当日の流れなどをご紹介いたしました。

パパ活は経済的支援を受けられるという魅力がある反面トラブルも付き物です。

しっかりと顔合わせのタイミングで相手を見極めて、お互い納得のいくようなパパ活をしましょう。

 

関連記事